めがねのカムイ

群馬県 富岡市 疲れないおしゃれで楽なメガネをおすすめ 強度近視・乱視・遠視 遠近両用 隠れ斜視 深視力 眼精疲労 プリズムメガネ SS級認定眼鏡士在籍

https://kamuy-specs.com

Optometry 視力測定

【 強度近視の人の老眼はどうなるの? 】 強度近視の人ももれなく老眼になります∑(゚д゚lll)ガーン!!! ではどうすればいい?

更新日:


どうも。めがねのカムイです(^^) 今回は近視の人のお話しです。強度近視の人ももちろん老眼になります。どのように老眼を感じてくるかというとこれは様々ですが、まず時期としては主に今使っているメガネやコンタクトレンズの度数によって「いつごろから老眼を感じるか」というのが変わります。遠くをよく見えるようにしたメガネもしくはコンタクトであればあるほど、近くを見づらく感じる年齢は下がります。つまり早めに老眼を感じることになります。

さて、あなたのメガネ(コンタクト)がバッチリ遠いところにピントを合わせていたとしましょう。この場合は40代から(主に中盤以降でしょう)から「眼が疲れるなぁ」感じると思います。特に近くを見る(近見といいます)ときですね。一番遠くにピントを合わせられていることを完全補正(完全矯正)の状態といいますが、この状態に近いほど手元を見て疲れたり、見づらく感じたりするのは年齢的に早まります。

これが完全補正を超えて過補正(過矯正)だったらなおさらで、老眼ではないのに老眼同様に疲れたり見づらくなります。年齢が高くなるほどにこの近視過補正は問題なのですが、今回の本題とはちょっと違いますので、別の投稿でお話しします。逆の言い方をすれば、過補正の近視メガネは意味なく老眼に近い状況を作りだされてしまうとも言えますね。

なるほど、遠いところにピントを合わせているから手元が疲れるのなら「ピントを近いところに持って来ればいい」と考えるのはとても自然なことです。これは老眼の初期的な頃であればなかなか有効な方法です。近視のレンズであれば度を弱めてしまう、という発想です。これはあり。ところが老眼は徐々に進行してしまうもの。もしこの方法でのみ老眼に対処しようとすると、年々進む老眼に対してそのたび度の弱いメガネで対処することになります。

問題は度を弱くすると「離れたところが見づらくなる」ということ。初めのうちはちょっと弱めるだけなので「けっこう運転もできるな」という程度ですが、進む老眼に合わせて度を弱めると次のメガネは「夜に運転するのはちょっと怖いな」という感じになり、されにその次あたりになると「これで外出する気にはなれないな」というほどまで弱めるようになります。最終的には手元用と運転用と室内用を使い分けたり、手元を見るたびいちいちメガネを額に乗せて見るようになり、けっこう不便です。

私はこれまでも近視の強い人ほど「遠近両用系メガネ」をお勧めしています。ある程度強い近視の人の遠近両用レンズは「レンズの上が強い近視。レンズの下が弱い近視」という構造になっているため、簡単に言えば「弱くて楽な度が下についている近視のメガネ」というイメージで掛けられるため近視の人にはとても馴染みやすいのです。ぜひお試しいただきたい! (花)

********************************************
めがねのKamuy(カムイ)

〒370-2315群馬県富岡市曽木239-3
(いっちょう富岡店様となり)

ナビ用住所:富岡市曽木244-1
(矢野不動産様となり)

TEL/FAX 0274-67-1110

朝10時から夜7時まで 火曜定休

各種クレジットカード使えます!

PayPay(ペイペイ)決済OK!

疲れ目・頭痛・肩コリでお悩みの方

プリズム補正メガネを承ります

SS級認定眼鏡士在籍店

MORE~快適眼鏡研究会~登録店
***********************************************

-Optometry 視力測定

Copyright© めがねのカムイ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.