めがねのカムイ

群馬県 富岡市 疲れないおしゃれで楽なメガネをおすすめ 強度近視・乱視・遠視 遠近両用 隠れ斜視 深視力 眼精疲労 プリズムメガネ SS級認定眼鏡士在籍

Optometry 視力測定

【白内障術後のメガネについてご相談です( ̄▽ ̄)】 白内障の手術後に購入したメガネが見づらい。

投稿日:

白内障術後に他店にて購入したメガネが見づらいので、当店で改めて視力を測定して作成してもらいたいとのご相談がありました。白内障の手術後に遠近両用メガネを購入したが、どうも見づらいためそのお店で二度ほど再作成してもらったがやはり見づらくて当店にお越しくださいました。

その方は術前の視力は強い近視だったそうです。眼内レンズの度数調整でかなり正視に近い状態になったようで、メガネをせずに遠方が良く見えてそこはいいのですが手元が見づらく遠近両用メガネを、という経緯だったようです。

お客様も「メガネをせずに運転しているし、遠いところはよく見えるんですよ!」と嬉しそうにお話しされていましたが、結果的にそのような「遠いところはよく見えるアピール」が合わないメガネを導いてしまった一因のように思えました。

そのメガネは遠用度は度数なし(度数ゼロ)で老眼度だけが下に入れられている遠近両用でした。遠めについては、眼内レンズで近視を打ち消していますし、お客様が前述のように「遠いところはメガネなしでよく見える!」と繰り返し聞かされているため測定者はその言葉に引っ張られた処方になったのではないでしょうか。

実際は、若干の遠視と乱視が眼に残っていますのでそれを矯正してあげないと(特に遠視は)近距離を見るときに負担になります。遠視の低矯正や未矯正はせっかく入れている老眼度の足を引っ張る形になり、矯正不足で見づらくなります。

こちらのお客様には、遠視と乱視の完全矯正値の設定にしました。老眼度もさらに強めました。一般的な白内障術後の方は近くを自力で見る力がほぼなくなりますので、このたびのようなケースはきちんと見たい距離にぴったりの度でお作りするほうがいいと思います。

出来上がりも「スッキリ見えていい」というご評価をいただきました。やや結果論の推測ですが「遠いところはよく見える!」という言葉に引っ張られて弱い度(今回はゼロ)にしてしまったがために見づらいメガネになったと考えるのが妥当かなと思いました。(花)

**********************************
めがねのKamuy(カムイ)

〒370-2315群馬県富岡市曽木239-3
 (いっちょう富岡店様となり)

 ナビ用住所:富岡市曽木244-1 
  (矢野不動産様となり)

TEL/FAX 0274-67-1110

朝10時から夜7時まで 火曜定休

 各種クレジットカード使えます!

 PayPay(ペイペイ)決済OK!

疲れ目・頭痛・肩コリでお悩みの方

 プリズム補正メガネを承ります

  SS級認定眼鏡士在籍店

MORE~快適眼鏡研究会~登録店
************************************

-Optometry 視力測定

Copyright© めがねのカムイ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.